PROFILE

数秘術鑑定師 西 きほこ プロフィール

株式会社はこぶね 取締役 西山 喜保子

1974年 兵庫県神戸市生まれ。占い歴9年、6500名にセッションを提供。

東京都世田谷区若林(最寄り駅 三軒茶屋駅)に個人面談の為のセッションルームを構える。 2017年、ある芸能人のブレイク時期を的中させテレビ局内で噂となる。 2020年の疫病流行による世界システムの大変動を予測し的中させたことから、 各界のクライアントから絶大な信頼を得ている。

18歳から延長5年(927年)から続く兵庫県神戸市内の神社で巫女を務める。 元々持っていた霊感がこの4年間で磨かれる。

1995年、阪神淡路大震災により被災、復興を巫女の立場で経験。 新卒で三井ホーム株式会社に就職、 社会経験を経て結婚。一児の母となる。

ここからは私の思いを語ります。

平穏な日々に慣れた2011年の3月11日、 私は新幹線に乗り、神戸で被災後に東京へと転居した両親の家に向かいました。

14時17分、品川駅に降り立った瞬間、 神戸で経験したあの激震と瓦礫の山が、眼前で再現されるような映像を感知し 「家族の命を守らねば」との一心で実家への道を急ぎました。

現実世界では、14時46分に東日本大震災が発生しました。

東京のテレビ報道で東北地方の様子を固唾を呑んで見守り 数日後に帰阪すると、そこは別世界のように平和な日常… 人生で二度も体験した、この「被災温度差」をなんとかしたい。 自分にできる何かを始めよう! と奮い立ったのです。

すべての人の魂を自分らしく輝かせて、全員が豊かで愛に溢れる人生を送る社会にする! この理念を実現化させるべく活動を続けてきました。

気がつけば対面でご相談を受けたのべ人数は6500人を超えました。

9年の月日が流れ、 掲げた理念をそのままに 株式会社はこぶねを設立。 私が『数秘術占い鑑定』に辿り着き、ひたすらに続けている理由。

人知れず悩んだり、困ったり傷付いている多くの方々に寄り添い、 一緒に並走しながら応援して差し上げることが私の仕事です。

 

三軒茶屋サロン

〒154-0023 東京都世田谷区若林1-10-3-1

霊性実践サポートグッズショップ
PAGE TOP