易占カード(イーチンタロット)

古代中国で生まれた「易」は、東洋占星術の全てのベースになっています。

「易」は周易・断易・梅花心易など何種類かありますが
その中の「周易」をカードにしたものが「易占カード(イーチンタロット)」になります。

昔の易者さんは「筮竹(ぜいちく)」や「算木(さんぎ)」と
呼ばれる竹や木製の棒を使って易を立てていました。

それを絵柄で表現し、易を知らない人でもカードを見れば何を意味しているのか
分かるようにしたのが「易占カード(イーチンタロット)」です。

カードは64枚で構成されていて、尋ねたことに対しての答えをはっきりと示してくれます。

カードごとの説明は以下のリンクをご覧下さい。

霊性実践サポートグッズショップ
PAGE TOP